雇用統計の予想以上のインパクト

FXで初心者が勝つには

雇用統計の予想以上のインパクト

最近、米雇用統計をきっかけに相場が大きく動くというのが少なくなってきたように 感じてましたが先週金曜日(2012年4月6日)の雇用統計でドル円81.8-82.4の レンジ相場を一気に下抜け、81.3へ急激に下げました(円高)。

 

その後、81.6でクローズし、週明け、4月9日(月)の欧州市場が開いている 18時現在で、81.3レベルをうろうろしている状況です。 私は先週ずっとグアムでリラックス(とゴルフ)してましたので、 一切ポジションは持たなかったので土曜日の朝この事態に気づいたわけです。

 

今晩、NY時間で戻すかあるいはさらなるドル売りに向かうのか非常に悩ましいところです。 今朝10時41分に、ドル円ショートを81.50から入れて、 売り増しして、81.20で利確を入れてます。 おそらく82.20をもう一度タッチすると思いますが、 会社の花見をしながらチャートをチラチラみることになるかと。。 ただこの81.20ブレイクは目下かなり底堅そうです。


ホーム RSS購読 サイトマップ