ロスカットとは

FXで初心者が勝つには

ロスカットとは

FXで初心者が勝つには、ロスカットをされないということも重要になってきます。 ロスカットとは、含み損が大きくなってきた場合、 証拠金維持率が一定以上の水準を下回ったときに自動的に行われる強制決済のことです。

 

FXでは、株のように値幅制限いっぱいまで売買できるという 「ストップ高」や「ストップ安」という仕組みが用意されていません。 また、レバレッジという仕組みを取り入れていますので利益を大きくできる反面、 損失も予想以上に大きくなってしまうという可能性があります。

 

証拠金以上に取引ができるので証拠金が全てなくなってしまう、 もしくは証拠金以上の損失が出てしまうという可能性があるのがFXです。 これらのリスクを防ぐために準備されているのがこのロスカットという制度です。

 

ロスカットは誰でもされたくないものですが、制度上仕方のないことです。 このロスカットを防ぐためにロスカットレベルにならない取引を心がけるということが必要です。

 

ロスカットレベルの基準は取引会社によって異なってくるのですが、 大体20〜30%に設定されているところが多いようです。 業者の中にはロスカットレベルを選ぶことができる業者もあります。 ロスカットレベルを自分の取引スタイルにあった水準にしておくことが必要です。

 

ロスカットが執行されると、自動的に決済されますので基本的には証拠金以上の 損失が出るということは無いはずですが、週明けの大きな変動があった場合や 思った以上の値動きがあった場合には証拠金以上の損失が出てしまうことがありますので、 相場が大きく動きそうなときや、週をまたいでの取引を出来るだけ防ぎましょう。 また証拠金には十分余裕のある取引を心がけるためにレバレッジは低めで取引をしましょう。 ロスカットは初心者じゃなくても誰でも受けたくないものです。


ホーム RSS購読 サイトマップ