FXとマーチンゲール投資法

FXで初心者が勝つには

マーチンゲール投資法

FXトレードの手法で、マーチンゲールの法則なるものがあるらしい。

増額投資法と呼ばれている方法で、
多くのトレーダーの間で議論されることがあるそうです。

増額投資法といわれるとなんだか怪しげな感じもしますが、
使ってみない手はないでしょう。

マーチンゲールの法則とは、
いったいどのような投資方法なのでしょうか。

マーチンゲール投資法とは、競馬の世界でもよく使われる手法で、
負けた投資の後、次の投資で負けた額の倍をかけて取引をしていくという方法です。

1lotで50pips取ろうとして、50pips負けてしまったら、
次の投資で2lotをかけて50pipsを狙っていく。

2lotで50pips取れたとしたら1lotで100pips取ったのと同じことになりますので、
前回の負け分の50pipsを引いても、50pips勝ったことになります。

こうした取引手法がマーチンゲールの法則と呼ばれるもので、
実際の取引でも多くの人が使っている手法になるでしょう。

ただし、負け続けると損失額が多くなってしまいます。
投資額が多ければ多いほど、回数を増やして取引が出来ますので、
投資額が多い方が有利な取引手法となるでしょう。

10連敗もするようなことがなければ9連敗後の1勝ですべてを取り戻すことができ、
資産が増えていくこの手法ですが、しっかりと投機を見極めて取引をしていかないと
資産がゼロになんて悲惨な結果も生んでしまうかもしれませんので、 運用する際は確実に取引をしていきましょう。

 

為替


ホーム RSS購読 サイトマップ